楽しいクラスTシャツアイディア

みんなが喜ぶクラスTシャツを作りたい!

クラスTシャツに名前を入れるメリット

クラスTシャツに名前を入れるメリット クラスTシャツに、クラス全員の名前を入れるメリットはいくつかあります。
例えば、卒業してからそのTシャツを見たときに、当時のそのクラスの友だちの名前を見るだけで、思い出が蘇りやすいという点です。
また、クラス全員の名前が書いてあることで一体感も感じられますし、同時にクラスTシャツの色どりも鮮やかになります。
たくさんの文字やイラストを入れることで、シンプルなTシャツにも個性や華やかさを演出することができます。
できればクラスの全員の名前だけではなく、そのクラスの担任、副担任の名前も加えると良いでしょう。
大人になってからでも、より鮮明に当時のクラスの様子を思い出すことができます。
そして何よりオススメなのは、クラスの人のフルネームをそのまま書くのではなく、呼ばれているあだ名やニックネームを使うことです。
そうすることで、よりクラスの仲の良さがアピールできますし、大人になってからでもそのニックネームを見るだけでも思い出に浸ることができるのです。

クラスTシャツに名前以外に入れると良いデザイン

クラスTシャツに名前以外に入れると良いデザイン 体育祭や文化祭などでクラスTシャツを作ることになった、というとき、真っ先に考えなければいけないのがデザインについてです。
ただ名前を入れるだけではつまらない、けれど良いアイディアも浮かばない……こうして悩むのも楽しみの内ではありますが、それにばかり時間をとられてしまっては、本番であるイベントの準備に間に合いません。
名前以外に入れると良いデザインの例として、クラスの特徴を表すものを入れる、という選択肢があります。
仲の良いクラスならば手をつないだ絵、成績優秀者が多いならば勉強道具の絵などが定番でしょうか。
担任の先生の似顔絵というのも、クラスの個性を出すと同時に、イベント時に影が薄くなりがちな先生との一体感を醸せます。
また、文化祭でのクラスTシャツならば、クラスの出し物に関するデザインにすると、校内を歩くだけで自分のクラスの宣伝に使えるのでオススメです。
あまり凝ったデザインにしなくても良いという場合は、クラスのスローガンや生徒の座右の銘など、文字を入れるだけというのもインパクトを与えられるのではないでしょうか。
文字でいうならば、それぞれの好きな顔文字や絵文字をデザインするのも今風でありながら可愛らしいTシャツになるかもしれません。
せっかくのクラスTシャツですから、思い出としてみんなの記憶に残りやすいデザインにしたいものですね。